8月4日 水曜日

14:00 〜15:00

ソフトウェアでビジネスを変える
貢献するなら知っておくべきCI/CD


今やすべての企業がソフトウェアを大事な資産と位置づけ、すぐれたソフトウェアを素早く開発、運用することが企業を成長へと導く重要な要因となっています。

みなさんがお使いのスマートフォンのアプリケーションがしばしばバージョンアップされるように、製品やサービス、さらには社内システムであっても作って終わりではなく、利用者のニーズや市場の動向に合わせて「継続的」に進化・成長していく必要があります。

その「継続的」に進化・成長するソフトウェアの開発を支えるのがアジャイル(俊敏)な開発プロセスにおけるCI(継続的インテグレーション)とCD(継続的デプロイ/デリバリー)による自動化です。テストやビルドを自動化することで、エンジニアは製品・サービスの進化に注力することが可能になります。

品質を担保しながら「動作する」製品・サービスを継続的に市場にリリースすることで、お客様との繋がりをより深め、ビジネスへの貢献を高めることができます。また、進行中の開発をビジネスオーナーがチェックする際の重要な観点についてもご紹介いたします。

こんな方にオススメ!

  • DXやアジャイル開発に興味はあるがどこから手をつけて良いかとお悩みの方
  • ソフトウェア開発のスピードや品質を強化方法をお知りになりたい方
  • CI/CDで何か解決できるのかがイメージがつかない方

登壇の内容

  • DX時代にソフトウェアの強化がビジネスの成長に必要な理由
  • CI/CDがソフトウェアの強化に必要な理由
  • CI/CDツールとは?
  • Q&A

注意点

  • 当ウェビナーはライブ録画配信です。ご参加者様によっては、以前ご視聴いただいたウェビナーと同じになりますこと、ご了承くださいませ。
  • Q&Aセッションは、登壇者である舟木がライブで対応させていただきます。


HOSTED BY

Developer Advocate at CircleCI 
舟木 将彦

ご登録はこちらから


こちらのフォームに登録いただくことで、弊社の
利用規約 および プライバシー ポリシーに同意したこととさせていただきます。